【3記事厳選】オランダ代表監督にヒディンク確定したけどブラジルW杯後って…マジかよ

【概要】

  1. ブラジルW杯後のオランダ代表監督がヒディンクに決まった。
  2. 彼は95~98年までオランダ代表として、96年のEUROではベスト8進出、98年フランスW杯ではベスト4進出の成績を残した。
  3. 関係者が「絶望的なら彼に任せるべき」と口を揃えて言う彼の采配が楽しみだ。

E38392E38387E382A3E383B3E382AFE79BA3E79DA3

 

【詳細】

 オランダ代表、ヒディンク氏の監督復帰を正式発表 - Goal.com

オランダ代表、ヒディンク氏の監督復帰を正式発表

ヒディングは采配より戦略を評価すべき。  活言玉のホンネ

ヒディングは采配より戦略を評価すべき。

ヒディンク・マジック 一言でオセロゲームをひっくりかえす男|サッカーの言葉

ヒディンク・マジック 一言でオセロゲームをひっくりかえす男

【感想】

一度監督引退するって宣言したからもう帰ってこないもんだと思ってたらまさかの展開。

でも彼の知性がW杯後に活かされるのは勿体ない気がする。

チェルシー時代のドログバを復活させたのが妙に印象に残ってる。

 

関連キーワード
  • 5.3:『Ranieri wants the bells to ring out for Leicester!』
  • 分からないからバルセロナの強さをプロ野球で例えてくれ!
  • バルセロナ「なぜかFWが集まらないの!みんな来て!!」
  • アレグリアを放つ人間は周囲にビビットな存在感を漂わせてると思う
  • ロナウジーニョからメッシへ、メッシからネイマールへ
  • メッシとバルセロナは一蓮托生なのか、それともこれから何かが変わるのか…!?
あなたにおすすめの記事
アムロ「空白の7年間にやったこと?」
Wanderin' Destiny
【概要】 一年戦争時に『連邦の白い悪魔』と呼ばれた男、アムロ・レイ。 だが終戦後は危険因子として幽閉されてしまう… 才能を活かせないことこと...