【概要】

  1. 日本サッカー界の正GKといえば川口能活が有名です。
  2. そんな川口が大きな使命を背負ってJ2の岐阜へ移籍しました。
  3. 奇跡の価値を知る男、川口能活の想いをご覧ください。

1251269-500x351

【詳細】

J2から狙う「1%」のW杯代表入り。川口能活は、今なお川口能活である。 3 3  - Number Web   ナンバー

J2から狙う「1%」のW杯代表入り。川口能活は、今なお川口能活である。

「2020年の昇格」と「ベテラン補強」。FC岐阜がラモスと進める“長期計画”。 1 4  - Number Web   ナンバー

「2020年の昇格」と「ベテラン補強」。FC岐阜がラモスと進める“長期計画”。

<THE MIRACLES 1996.7.21>“マイアミの奇跡”への濃密な18分間~最強軍団をいかにしのいだか~ 1 3  - Number Web   ナンバー

<THE MIRACLES 1996.7.21>“マイアミの奇跡”への濃密な18分間~最強軍団をいかにしのいだか~

【感想】

日本と欧州の育成環境で大きく異なる点があるんだ。

それは、「GKにどんな子どもを配置させるか」っていうコーチの考え方と子どもの意識。

 

日本の4種年代のコーチはGKにどんな選手を配置させているか。

恐らく、FW→MF→DF→GKという順に身体能力の高い子を配置させていると思う。

そして選手もGKに一番の関心を示しにくい傾向にある。

 

けど海外は違う。

GK→FW→MF→DFという順に運動神経の高い子を配置させていく。

そしてGKは子どもにとって英雄のような存在であり、みんなこぞってやりたがる。

 

それにGKってゲームの流れを読み、視野が広がり、足元の技術も養える。

だからGKをやらせることは3種、2種年代に上がってから大きな財産になるんだぜ。

それを欧州のコーチは分かった上でGKに有望な選手を配置させるんだと思う。

 

けどそれによって、4種年代のチームは得点力不足に悩まされる可能性もなくはない。

チームを考えるか選手を考えるか、色々と悩みどころが多いから一概に「日本ダメ」とは言えない。

それは覚えておいて欲しい。

 

 「自分を必要としてくれるチームでやれる喜びは、今回本当に強く感じている。常に感謝の気持ちを持ってプレーしているけれど、それを結果に結び付けてこそ、恩返しになる」

奇跡を起こす川口能活は華のある人格者で有名な選手。

そんな姿は日本の育成環境に多少ならずとも大きな影響を与えてくれた存在だった。

 

これからもいつまでも応援しています!

あなたにおすすめの記事